スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 猫ちぐら 東風庵 に行ってきました☆その1

中川こうじさんの東風庵は、現在は営業していません。
以下、中川さんのHPのお知らせより転記






2009/05/23(土) 東風庵一時閉鎖のお知らせ

岐阜県多治見市にあります
「猫ちぐら 東風庵」は体制立て直しをふくめ
考えと指針を改めるためにいったん閉鎖させていただきます
開催中は遠方はもとより地元の方々に
猫のためと多大なるご協力をいただきありがとうございます

なお 併設の食事どころは変わらず営業しておりますので
よろしくお願いいたします


追記

ギャラリーと中川こうじがかかわる猫作家さんの作品は
いったん撤去させていただいております

食事どころの管理者と猫支援は全く関係がございません

食事どころの管理者は猫の「ボランティア」さんでは
ありません
また 私中川こうじの家族ではこざいません
お間違えのないようにお願いいたします








調子が悪かったり、今ひとつ気に入らなかったブログを引っ越し
ようやくこの記事を載せます!遅くなってごめんなさい^^;


先月11月24日、我が家の猫たちの命の恩人で
写真家の中川こうじさん岐阜県多治見市
本町オリベストリート にオープンした猫の作品を集めたギャラリー
 「猫ちぐら 東風庵」 に (リンクは中川さんHP内のDiary)に 行ってきました☆


ちょうど、有給休暇消化期間だったこともあり
(とはいえ、休み少なめな職場・・・)
ふらっと 一人でどこか行ってみたいな。。。と
そこへちょうどオープンを知り、コレだ!と思ったわけです。



こけら落としは写真の4人展
「猫にまたタビ」のHARADAさん
「猫ろじっく」の蔵人さん
WANGAN NEKOのHOSHINOさん
そして「Street Cat’s」 中川こうじさんの4人展

同じ外の猫たちを撮っていても
みんな全然違うんです。

蔵人さんの写真は、名古屋駅周辺の猫たちの写真。
ちょっと可笑しくてとっても味のある猫ちゃんたちがたまらない。

原田さんの写真は、海外で撮られたものが多く
美しい風景との中で、大らかで生き生きしている猫の姿が素敵でした。

HOSHINOさんの作品はとても色彩豊かで幻想的でした。
猫が艶やかな女優(オスかもしれませんが?)に見えるというどこか映画的な感じ。

中川こうじさんの写真に囲まれると、時が止まったような不思議な感覚と
何か神聖な空気に包まれます。写真の下にある詩は、撮影するときひらめくのだとか。
写真の猫の瞳を見つめていると、今、自分にも何か話しかけている気がして
瞑想してるみたいになってきます。




オープン初日の22日、23日は 混み合っていたそうなんですが
私が着いた4人展 展示の最終日は
私が着いたお昼過ぎあたりから、
とても寒くなり雨模様。
客足も少なくなって、ゆったりのんびり観賞できてしまいました・・・って
私って、逆 招き猫?!


写真以外にも、このお店のコンセプト(猫にモデル料を払う=支援)
に賛同して作品を展示販売している 猫デザインの小物などたくさん。
私の購入してきたものもとても素敵なので、後日、また載せますね。





▼これは、翌日よく晴れてから、外観を撮ったもの。
 明治元年(130年前)の建物です。壊されると聞いて
 中川さんが、急いで借りることを決めたんだとか。
 浮世絵に出てくるような格子窓が素敵です。


東風庵外観



▼これは、こけら落としの 4人の写真家展の看板。看板も猫。
実は、写真展終了の翌日に行ったら、まだ看板がかかってたので
撮影してから、お店番の方に「まだかかってますよ~。」と教えたのでした。笑


東風庵看板



▼入り口のポストカード売り場。落ち着いた木の風合いが素敵。
中川こうじさんのポストカードを始め、他にも素敵な猫のポストカードがたくさん。


入り口ポストカード売り場



▼入り口ののれんを中から見たところ。土間のような入り口の床、味がある・・・。


東風庵入り口



▼入り口に置かれた、アンティークなレジスターと電話。


アンティークなレジスター



▼中は畳敷きの座敷で、靴を脱いであがります。レトロなストーブに気持ちも休まり
とても温かい雰囲気。展示で手前に写ってるのは、猫ろじっくの蔵人さん の写真たち。
これは夜撮ったもの。超ピンボケで失礼^^;
奥に展示されてたのは 猫にまたタビのHARADAさんの写真たち。
ってさっぱり見えませんが^^; 
中川さんに「作品が写るように撮っていいよ」と言われたのに
控えめに撮った小心な人。笑


夜座敷1



▼二部屋あって、こちらが隣。これはオーナー 中川こうじさん の写真たち。
下には猫作家さんの作品も。
これには写ってませんが、奥には WANGAN NEKOのHOSHINOさん
の作品が展示してありました。


展示2




▼この建物の雰囲気、作品の展示内容にとっても合っているんです。
とても落ち着いて、ゆったりとした気分になれます。
晴れた翌日の店内で、ひたすら猫みたいにボケーーーーっとしていた私。
ほんとポッカポカで、気持ちの良い天気でした。
格子窓の影が何とも素敵。


店内格子窓の影



▼素敵な火鉢もあります。
081124東風庵 4



▼昼間、明かりがついてなかったので奥から見ると、ほの暗いのですが
この感じがまたとても日本家屋らしく落ち着きます。


ほの暗いのが落ち着く店内



▼とにかくこの古民家にハマッて写真を撮りまくっていた私。笑
イメージ的には、田舎のおばあちゃん家。
模様ガラスに、みかんと座卓。う~ん いいねぇ。。。


おばあちゃん家っぽい



▼そして何より格子窓!
真っ暗ですが、手前後ろ姿は招き猫。


081124東風庵 9_5



▼建物奥には、坪庭があり、見事な枝振りの松も。


松



▼店の入り口には、来店した子供達に石を手渡して描いてもらった
猫の絵のついた石が並べてあります。ほのぼのする風景。


いし




着いた当日も、結局半日をここで過ごし
翌日も、心地よくて入りびたってしまいました。
周辺にも味のあるお店や建物がありますが
ここが一番素敵。と私は断言します!
特に猫好きさんにはね☆

お店では、軽いお食事も取れます。
(時間と数に限りありみたいですが)
私は2日とも、ここで食事も美味しく頂きました。

頂いたのは「季節のパスタ(山芋入り)」と「鶏肉のレモン焼き」
(ホントは展示の日はランチ休みなのに
注文しちゃってごめんなさい。腹ぺこだったもんで、
休み の文字が読めませんでした^^;)
ほか、コーヒーなどの飲み物は常時あるようです。


中川さんはもちろんですが、お店番の方もとても気さくで、
自分ちの猫の写真を見せては、楽しくお話させていただきました♪


駅からの道順写真を撮ったのですが、ながーーーくなったので
次回載せますね。
スポンサーサイト
22:00 | 猫に関係すること
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://noripurimew.blog6.fc2.com/tb.php/1-b894048a
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。