スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 初3にゃんショット☆

今日の気分なことば

←にくっついてる、「地球の名言」より


二人の"泥棒"に気をつけよう。

もし、過去の間違いを悔いてばかりいたり、

あるいは未来のことを心配していると、

これら二人の泥棒が、あなたから活力、

洞察力、心の平安を奪うことを知るべきである。





猫ダンゴだったり、眠っている状態では
3にゃん一緒の写真もありますが
起きて並んでいる写真は初めて!
だけど、冷蔵庫にベタベタとメモやらなんやら貼ってあって
バックが見苦しいので、消しちゃいました^^;

ミュウもすっかり兄弟だねえ 


kakou0308_1.jpg


来月4日で、ミュウが我が家に来て
ちょうど一年になります。
早いもんだなあ・・・

保護主の中川こうじさんのところから
我が家に引き取ることになるまでも
紆余曲折あったミュウ。
見た目が可愛らしかったこともあり
応募は多数あったようですが
事情が合いそうで一旦引き取られたお宅から
中川さん宅に出戻ることになったり
我が家に来ることになったというのも
ほんとに縁なんですねぇ・・・。


何度も書いているけれど
ミュウの風邪や結膜炎に始まり
先住のりプリの大ブーイング
しまいには3にゃん風邪っぴき
全員に目薬をさして薬を飲ませるのに必死
ひっかき傷だらけ
我が家はてんてこ舞い
なんていうふうになっていたときもあります。

今はそれも嘘のように3にゃん元気で
良い関係が築けています。



猫と出会う前は
インコとハムスターを飼った経験はあったけれど
大きな動物とは暮らしたことがなくて
暮らしたこともないのに
「大きい動物は情が移りすぎて、死んだら嫌だから。」なんて言って
心のどっかでは憧れながらも、避けてました。

だけど、今思えばバカバカしいことです。


確かに亡くしたときの悲しみは大きいけど
一緒に過ごした時の喜びや
与えてもらった愛や感動を思えば
悲しみでさえ、感謝に変わっていくのかも・・・。
レノを亡くしたときに思いました。

たとえば、大好きだった祖母のことだって
祖母を亡くしたときは悲しかったけれど
悲しむなら、祖母がいないほうが良かったなんて
思いませんもの。



大事な存在をなくす って、もの凄い喪失感だと
思うんです。
考えたらこわいし、だけど
もっとこわいのは、それを恐れて
素晴らしい時間を知らずに終わること。
限られているからこそ
精一杯 愛情をそそぎたいな。




mitoko☆さんが里親さん募集中です クリック↓

hanakuro.jpg
スポンサーサイト
22:36 | 我が家の猫
comment(2)     trackback(0)
comments
お気持ちとってもよくわかります。

失う前からその悲しみを憂えていてもなにも始まらないし
得られたものの方がもっと大きいですよね。

新し子を迎える時も、先住さんとの相性が最初からいい場合の方が珍しいですものね。
色々とあって少しずつ本当の家族になっていくのかなって思います。

そう思うと感慨深い3ショットですね(^^
2009/03/10 00:48 | | edit posted by mitoko☆
>>mitoko☆さんへ
我が家も、我が家ができるなりに
少しずつステップアップしてきたかなぁという感じです。

可愛い 癒される だけじゃない。
本当に学ぶことが多いです。
飼う じゃない。
一緒に暮らす 人生を共にする という感じですよね。

mitoko☆さんちなんて大家族ですものね!
人間の大家族っていうのが、今の日本では少ないけれど
多かったらそれだけまたいろんな事が
わかるんだろうなーって思いますe-68

2009/03/11 20:50 | | edit posted by noripurimew
comment posting














 

trackback URL
http://noripurimew.blog6.fc2.com/tb.php/23-1135ab6f
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。