スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 背中にコテン。のしあわせ

ミュウは、なかなか人間には甘えようとしない子でしたが
だんだんと、ほんとは甘えたいんだな。。。という素振りが
見えるようになってきました。


私は一番、家にいる時間が短いけれど、そのぶん
触れてほしいと思ってくれるのか
しばらく前から
いつもそばに近づくだけで、目の前で「コテン。」と
床に転がってくれていました。

その頃は、母が近づくとまだ逃げていたので
「あらあ、なんでかしら~?」なんて言ってましたが
 今や、母はひざに乗ってもらいましたからね・・・(前回記事:少しずつ少しずつ) 


このところは、甘えたいのを
もっとストレートに表すようになってきて
私が、のりへいやプリンを抱っこして、チューしてると
ミュウが トトトトトッと走ってきて
足もとにスリッとすり寄って、
床にコテンと横になるようになりました。

「わたしも もっとあまえたいの。」そう言ってるようです。
・・・かといって、急に抱き上げたりすると
ミュウが ビックリしちゃうので、
抱き上げずに床でなでなでしてあげると、
とても喜んで ごろんごろん床を転がります。




おととい、夜眠る前に、ロフトにあがって
こちらを見おろしながら見つめているミュウに向かって

「ミュウちゃん、可愛いねぇ・・・
ミュウちゃん抱っこしたいなー。
安心してそばにいていいんだよ。
みんなミュウちゃん大好きなんだから・・・」と
話しかけてから、眠りました。


しばらくして・・・
ロフトのほうに背を向けて、横向きに寝ていたら
背中に何か「コテン。」と あたたかいものがぶつかりました。

ミュウでした。


私の背中に、背中をくっつけて
一緒に布団に入って眠っているのです。
背中をくっつけているから、振り向くこともできず
ミュウのまあるい背中の体温を感じながら
とてもしあわせな気持ちで眠りました。


ありがとう、ミュウちゃん。
そうやって、すこしずつ家族になるんだよ・・・。


自分から 少しずつ こころを開いてくれるように
こころの底から、信じてくれるように
やさしさとあたたかさで いつも包んであげたいと思います。


たまに ひっかかれても、それすら愛おしく思うのです。




▼去年8月のミュウ。ちょうど、成長期のせいか?顔が妙に小さくなって宇宙人顔だったころ。
耳ばかり大きく見えます。
08年8月のミュウ1

▼窓辺のせまいところで、寝ています。今とは違ってまだ細くて小さなミュウ。
08年8月のミュウ2


▼同じ頃に撮った のりへいとプリン。 超ラブラブ 私すら割り込めません^^;
まだミュウを完全には受け入れられずにいた頃。

088月ラブラブノリプリ2

088月ラブラブのりプリ1


スポンサーサイト
22:38 | 我が家の猫
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://noripurimew.blog6.fc2.com/tb.php/6-43d07993
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。